2005年01月20日

第132回芥川賞受賞作『グランド・フィナーレ』ですが予定が若干繰り上がり、2月の上旬には発売されます!

グランド・フィナーレ

第132回芥川賞受賞作『グランド・フィナーレ』ですが予定が若干繰り上がり、2月の上旬には発売されます!

 オンライン 検索 雑誌 一月号 『 日経マネー 01月号 [雑誌] 』 『 Shi-Ba (シーバ) 01月号 [雑誌] 』 オンライン 検索

ipodシャッフル
Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
Apple iPod shuffle 1GB M9725J/A
Apple
\16,980&\1,500分還元
(送料無料)
絶大な人気を誇るデジタルオーディオプレーヤーiPod miniに続いて、シリコンメモリ採用のiPodが登場。非常にコンパクト&シンプルな本体と低価格が人気を呼び、発表即日Amazonランキング1位となっています。512MB版もアリ

(おもちゃ)
おもちゃ
トレカ
赤ちゃん・幼児玩具
知育玩具
ブロック
積み木・木のおもちゃ
パズル・ジグソーパズル
アクションフィギュア・ソフビ
ミニカー・乗り物
プラモデル
ラジコン
変身・なりきり
人形・ミニドール
ぬいぐるみ
ファッション・アクセサリ
カード・ボードゲーム
スポーツ・プレイトイ
学習・手芸・工作
楽器・音楽玩具
電子玩具
パーティー・雑貨
ホビー

(台所まわり)
キッチン用品
調理機器
理美容グッズ
健康グッズ
生活家電
季節家電
照明器具
消耗品・アクセサリ

(和書)
雑誌
文学・評論
人文・思想
社会・政治
ノンフィクション
歴史・地理
ビジネス・経済・キャリア
投資・金融・会社経営
科学・テクノロジー
医学・薬学
コンピュータ・インターネット
アート・建築・デザイン
実用・スポーツ・ホビー
資格・検定
暮らし・健康・子育て
旅行ガイド
語学・辞事典・年鑑
教育・学参・受験
こども
ゲーム攻略本
漫画・アニメ・ボーイズラブ
タレント写真集
エンターテイメント
新書・文庫
楽譜・スコア

カレンダー
ポスター
ポスター女性
ポスター国内
ポスターTV映画
ポスター車
ポスターアニメ
ポスターその他

(ミュージック)
J-POP
J-インディーズ
ポップス
ロック
オルタナティヴロック
ハードロック・ヘヴィーメタル
ブルース・カントリー
ソウル・R&B
ヒップホップ
ダンス・エレクトロニカ
ジャズ・フュージョン
クラシック
ワールド
ヒーリング・ニューエイジ
サウンドトラック
アニメ・ゲーム
キッズ・ファミリー
歌謡曲・演歌
日本の伝統音楽・芸能
スポーツ・その他
プライスOFF国内盤

(ビデオ)
日本映画
外国映画
音楽・ステージ
アニメ
ホビー・実用
スポーツ・フィットネス
キッズ・ファミリー
TV・ドキュメンタリー
アイドル
エロビデオ
Import (輸入版)

(DVD)
やっぱり邦画
外国映画
音楽・ステージ
アニメ
ホビー・実用
スポーツ・フィットネス
お笑い・バラエティ
キッズ・ファミリー
TV・ドキュメンタリー
アイドル
エロス
海外のTV・ドキュメンタリー

(ゲーム)
PlayStation2
PlayStation
PlayStation Portable
NINTENDO GAMECUBE
GAMEBOY ADVANCE
GAMEBOY
Nintendo DS
Xbox
PCゲーム
その他の機種
ゲーム機本体
周辺機器

(ソフトウェア)
ゲーム
英語学習
セキュリティ
ホームページ作成
ビジネス・オフィス
ユーティリティ
デザイン・グラフィック
実用
ホビー
教育・語学・翻訳
プログラミング
会計・業務別
OS
Macintosh
アカデミック版
アダルト18禁
ウィルス退治

(エレクトロニクス)
デジタルカメラ
カメラ
DVDプレーヤー・レコーダー
ポータブルオーディオ
コンピュータ
PC周辺機器・パーツ
プリンタ・スキャナ
ネットワーク機器
PDA・電子辞書
アクセサリ・サプライ
ストレージメディア
オーディオ・ビジュアル
ゲーム機本体

雑誌
文学・評論
人文・思想
社会・政治
ノンフィクション
歴史・地理
ゲーム攻略本

PlayStation Portable
Nintendo DS
同人
カレンダー
パソゲー



《 単行本 》
『 対岸の彼女 』 角田 光代

価格:¥ 1,680
文藝春秋(2004/11/09)
在庫切れ

【女の仲間について焙り出した】★★★★★
女の友情は、あって無いようなものだと思う
人生の所属した個所で繋ぐ友情であって、個人を尊重した友情ではない
だから、この本を読んで正直「角田さんこんな事暴いちゃったかぁ」と思った
物語は高校生と30代が交互に進む。
故に、女の友情が高校生と人生経験を積んだ30代でどう変化するのか楽しみながら読めた。
大人になって人間関係を旨く立ちまわるのは簡単だ。
でも、そこに悩みを打ち明け、互いが信頼できる人間関係があると心強い。
でも、女の友情には駆け引きがある。
純粋な高校生にはない、夫や舅や子供など付加価値が増えるだけ、女は壁を作る。
純粋な高校生が行きついた先
30代が見出した結果
最後の結末が気になって一気に読んだ。


【コドモも大人も楽しめる】★★★★
途中で登場人物の学生時代に飛ぶので、あらら?と思ってしまいまし
たが、学生時代の描写は不可欠でした。ずっしりきます。
いじめ問題にしても、「ここにはわたしの大切なものは一個もない」
からと、何があっても平気な顔をしている女の子がかっこよかった。

大人になったからといって その手の問題から開放されるわけでも
ないので、こういう芯の強さは大事だし、この本はあらゆる世代に
読まれてほしいと思います。

ママ友だちの関係を学生時代の軽いイジメと同一視していて、大人
になってからの人間関係にうんざりしている人が読むとまた違った
味わい方もできるかもしれません。

結婚するのが嫌になってくるような、奥さんのやる気をそぐような
ことばかり言う男にしても、いやーな感じのリアルな描写たっぷり。
「太陽と毒ぐも」以上に濃いお話でした。



【友人の意味】★★★★★
帯やら新聞広告では「子を持つ女とそうでない女」の対立?みたいに書かれていたが全然違うと思った(いい意味で)。
確かに今、三十路半ば、兼業主婦ただしパート、子供1人のみ、のある意味小夜子そっくりの私に友人と呼べる人がいなくなっていることに気づく。
日々の家事、育児、仕事、雑事に忙殺されている。友達と呼べた人がまったくいなかったわけではない。だけど彼女らはかつてのナナコのように遠い存在、連絡すらとれないものが多いのだ。
家庭という殻の中で、ママ友という名の仮想友人?に囲まれた小夜子みたいな主婦はたくさんいると思う。
そしてまた葵のようなひともきっといると私は思いたい。「なんのために年を重ねるのか」と小夜子や葵のように自問しながら、もしかしたら逢えないかも知れない、そんな稀有な、存在を求めて、生きていくのかなあと切なくなった。
恋人を見つけるよりも、夫を見つけるのよりも、ずっとずっと、友達を見つけることのほうが難しいと感じるこの頃の思いに、この本はすこしでも支えになってくれた。


似たものリンク

[1] 2 3

《 文庫 》
『 ニッポニアニッポン 』 阿部 和重

価格:¥ 380
新潮社(2004/07)
通常24時間以内に発送

【物語の終わりと小説の終わりを二度楽しむ】★★★★★
「ニッポニア・ニッポン問題の最終解決」計画を構想する内省的な前半と、それを実行に移す過程を描く、「物語」的な後半で読み応えが違ってくる。

後半は、「なぞとき」(といっても推理小説的なものではない)的な展開が多い著者の作品の中ではちょっと珍しいかなという感想。ここでは「映画」の「シーン」を描いている気がするし、そうならば「物語」の結末としては納得。

ただし、「小説」の終わり方としては、「インディビジュアル・プロジェクション」同様、「物語」への肩透かしを食らわせてくるので要注意(そんなおおげさじゃないですけど)。

あ、あと、この文庫本には、斎藤環先生(精神科医:存じ上げないのですが)のあとがきで本の表紙、登場人物の名前に関する解説をしてくれている。思わず、「ヘー」と思えるネタである。


《 文庫 》
『 アメリカの夜 』 阿部 和重

価格:¥ 560
講談社(2001/01)
通常24時間以内に発送

【感動的な青春小説】★★★★
~映画や小説を巡る物語にまみれて生きている「私」が、自ら語り出そうとするときに遭遇する過酷な失語の状態から、いびつで無軌道な「小説(映画)」が生成する瞬間を描く。意識的かつ真摯な「小説論」であり「教養小説」。といって語り口は不真面目でさえあります。「気狂いピエロ」+ブルース・リーという目眩がするようなアクションシーンで、道化を演じてみ~~せる余裕もかっこいい。映画や小説に浸かった青春を送った人は読んでいて胸に痛いところがあるかも。~

【90年代】★★
名前と著書名くらいしか知らない作家でしたので、実際にとりあえず読んでみました。デビュー作ということなので、これ以後の小説では改善されているのかもしれませんが、ぼくにとっては読むことが楽しくありませんでしたし、何より辛かったです。

理由は単純なのです、リズムが悪いんです。それは作家が故意にしていることなのかもしれませんが、いずれにしても全く駄目です。

 なるほど、先行テクストからの様々な引用、核心を回避し続ける語り口・・・。この小説の魅力のひとつが、そうした現代小説的な意匠であることは確かだ。しかし、真に重要なことはそこにあるのではない。見る「私」と見られる「私」の乖離、そこに導入される「鏡」という小道具。そしてまた小説の基調をなす「光」と「闇」の対比・・・。それらの古典的とも言える小説技法を衒いなく用いたという選択にこそ、この小説における阿部和重の最大の賭けがある。そして、この彼の反時代的な大胆さこそが、「アメリカの夜」という小説を非常に格調の高いものにしているのだ。
 私たちはこの小説の中で「ドン・キホーテ」が何度も言及されていることに無自覚であるべきではないだろう。


《 単行本 》
『 シンセミア(上) 』 阿部 和重

価格:¥ 1,785
朝日新聞社(2003/10/17)
通常24時間以内に発送

似たものリンク

《 文庫 》
『 無情の世界 』 阿部 和重

価格:¥ 420
新潮社(2003/02)
通常24時間以内に発送

【どの作品もまともではありません】★★★
~三つの短編が収められた本である。それぞれの評価を記すと、
トライアングルズ:星二つ
無情の世界:星四つ
鏖(みなごろし):星三つ半
というところです。

どの作品もまともではありません。それなりに楽しめますが、読み終わると精神的にどっと疲れてしまうような作品ばかりですので、自分をごく普通の人と考えている人には、深夜に読むことをおす~~すめしません。

「トライアングルズ」は気が向いたら読んでください。大人子供(小学校六年生)が語り部の、どこまでも訳が分からない作品です。
表題作の「無情の世界」は20頁前後の短い短編で、気の弱いいつも何かにびくびくしているような高校生が体験した夜九時から次の日の午後二時頃までの出来事をあつかったもので、一番私の身近に感じた短編です。~~
「鏖(みなごろし)」はオオタタツユキというろくでなしの若者をはじめとしてちょい役に至るまででてくる登場人物のほとんどすべてが、虚勢だけで生きていて、いつもハリネズミのように神経を逆立てています。そして暴力にふりまわされている・・・、そんな世界に生きるひとたちの半日をあつかっています。

阿部和重さんのストーリーテリングは非常に上~~手いのだが(特にどの短編も出だしは極上)、どれを読んでも短編にこそぴったりで、長編にはとても向かないのではないか、と感じました。(ほっとするところがない) 100頁をこえたら多分読み手の心も病んできて、とてもそれ以上読むに耐えないようにおもいます。(これは褒め言葉です)

でも、彼の小説を好きなひとは本当に好きなんだろうな、とおもいま~~した。~


《 単行本 》
『 シンセミア(下) 』 阿部 和重

価格:¥ 1,785
朝日新聞社(2003/10/17)
通常24時間以内に発送

【困惑してしまいます】★
~小さな町の住人達の濃密で複雑な人間関係が、これでもか、という程濃厚に描かれていて、読んでいる間息苦しくなってしまいました。
たくさんの登場人物がいるのですが、誰もが見事なまでに小心な悪意の持ち主として存在し、誰一人として感情移入できないまま、終わってしまいました。
前評判の高い作品だったので、期待をこめて読み始めたのですが、上下2~~冊は正直きつかったです。~


【『万延元年のフットボール』を彷彿とさせる傑作】★★★★★
阿部和重自身も仄めかしているように、彼は現代日本文学の最良の後継者としてその頭角を現している。

『インディヴィジュアル・プロジェクション』においては村上春樹と村上龍の「あいだ」で書き、この『シンセミア』においては大江健三郎と中上健次の「あいだ」で書いている。特に地方を舞台とし、現在と過去が微妙に交錯しつつ圧倒的な結末へとなだれ込んでゆく物語構造は大江の『万延元年のフットボール』を彷彿とさせる。ただしその細部のアイテムは徹底的にサブカル志向である。
情欲をダイレクトに刺激する映像の氾濫に拮抗して、如何にして文学が生きながらえ得るのか、そのヒントがこの作品にはある。


《 文庫 》
『 インディヴィジュアル・プロジェクション 』 阿部 和重

価格:¥ 380
新潮社(2000/06)
通常24時間以内に発送

【面白く読んだのですが。】★★★
この作品、著者は笑いながら書いたのではないでしょうか。

内容は若者の渋谷での抗争という一見ハードなものですが、
クールな文体の中でも実は哄笑せざるを得ないシーンが続出します。
最後に「ああ、だからか」と腑に落ちるとは言え。

なんだか著者の狙いがわからない作品でした。
混乱させるのが狙いだったのかなぁ。

まずは「作品」にどっぷり使って読んでいくのが楽しい。「え!なんなの」って。
人によっては最初が難関かもしれないけど、途中からグイグイくるので我慢。
「インディビジュアル」とか「プロジェクション」とか「この終わり方ってなんなの」とか、後で考えてみるのがまた面白い。「正解」を探そうとすると悩んじゃうけど。

文体のみで語る著者のメッセージは、説教くさい文学のそれとは無縁で、すがすがしい。


《 文庫 》
『 ABC戦争―plus 2 stories 』 阿部 和重

価格:¥ 500
新潮社(2002/05)
通常4~6週間以内に発送

似たものリンク

《 単行本 》
『 インディヴィジュアル・プロジェクション 』 阿部 和重

価格:¥ 1,470
新潮社(1997/05)
在庫切れ

【面白く読んだのですが。】★★★
この作品、著者は笑いながら書いたのではないでしょうか。

内容は若者の渋谷での抗争という一見ハードなものですが、
クールな文体の中でも実は哄笑せざるを得ないシーンが続出します。
最後に「ああ、だからか」と腑に落ちるとは言え。

なんだか著者の狙いがわからない作品でした。
混乱させるのが狙いだったのかなぁ。

まずは「作品」にどっぷり使って読んでいくのが楽しい。「え!なんなの」って。
人によっては最初が難関かもしれないけど、途中からグイグイくるので我慢。
「インディビジュアル」とか「プロジェクション」とか「この終わり方ってなんなの」とか、後で考えてみるのがまた面白い。「正解」を探そうとすると悩んじゃうけど。

文体のみで語る著者のメッセージは、説教くさい文学のそれとは無縁で、すがすがしい。


《 単行本 》
『 ニッポニアニッポン 』 阿部 和重

価格:¥ 1,260
新潮社(2001/08)
通常3日間以内に発送

著者は、渋谷を舞台としたプルトニウムをめぐる攻防を刺激的に描いた『インディビジュアル・プロジェクション』で注目を集めた「J文学」の旗手。第125回芥川賞候補作となった本書は、国の天然記念物「トキ」をテーマに、日本という「国家」の抱える矛盾をあぶりだした中編小説だ。

17歳の鴇谷(とうや)春生は、自らの名に「鴇(とき)」の文字があることからトキへのシンパシーを感じている引きこもり少年。日本産のトキの絶滅が決定的であるにもかかわらず、中国産のトキによる保護増殖計画に嬉々とする「欺瞞」に違和感を抱いていた春生は、故郷を追われたことをきっかけに「トキの解放」を夢想しはじめる。その選択肢は「飼育、解放、密殺」のいずれか。「ニッポニア・ニッポン問題の最終解決」という自らが描いたシナリオを手に、スタンガン、手錠、催涙スプレーで武装した春生は、やがて佐渡トキ保護センターを目指す…。

「俺を一人にしたことを、この国の連中すべてに後悔させてやる」と決意する春生は、拠るべき場所もなく孤独にさいなまれながら生きる現代人の「いらだち」を増幅させた人物。現実と虚構との境界が崩れてしまった若者だ。本書がきわめてスリリングなのは、その虚構への扉が読み手にも開かれている点だ。春生が情報収集するサイトは、ほとんどが現実に存在する。「虚構」の象徴とされるインターネットが、本書では読み手と春生をリアルにつなぐ重要な接点となっている。読み手をたえず挑発し、いつしか作品世界へと巻き込んでしまう快作だ。(中島正敏)


【ねえ?】★★★★★
書く気はなかったけれど私も一言。
阿部和重の小説は映画の為にあると言っても過言ではない。
(別に映画化するとかそんな意味ではなく)
彼の表現したい欲求とか息吹は青山真治の小説と変わらないと思う。
(特に『helpless』はこの小説のテーマと重複している部分がある)
でも、彼の小説が多くの人に読まれ

様々な言葉が交わされるのはとてもいい事ではないでしょうか。
文芸界だけではなく日本映画界にとっても。

 物語は“ニッポニアニッポン”を逃がすという途方もない犯罪計画をブラックユーモアとして描いた作品。考えると確かに中国産のトキにより繁殖させているニッポニアニッポンの存在はおかしなことだが、それを逆手に取ってブラックユーモアとしているのは、その着眼点には感服させられます。引きこもり少年の主人公が、ニッポンに対して起こす行動、そして革命的な計画はテーマの重さを感じさせぬ笑いを交えた画期的な作品となっています。


《 単行本(ソフトカバー) 》
『 アブストラクトなゆーわく 』 阿部 和重

価格:¥ 1,050
マガジンハウス(2000/04)
通常4~6週間以内に発送

似たものリンク


【テーマの重さを感じさせぬ笑いを交えたブラックユーモア作品】★★★★
 鴇谷春生は自分の姓に「鴇」が使われていることから、以前からトキに関心があったが、中国からヤンヤンとヨウヨウを迎えての保護増殖計画を知り違和感を覚える。中国産トキの血を受けたニッポニアニッポンって変ではないかと思う春生は、インターネットで情報を集め、周到な計画を立て、トキの純血と名誉を守るため武器を持ち、佐渡の保護センターに侵入するのだが……。

【アイデアはいいけど】★★
いわゆる「引きこもり」がなんだか大きなことをやらかす/やらかそうとする話なのですが、結局「引きこもり」という要素がエクスキューズにしかなってないようで、物足りない気がしました。でも、筋書きの上を主人公が筋書き通りになぞっていくテンポは悪くないので、ぐいぐい読み進んでいけます。そうやってぐいぐい読んで最後に唐突に「無常観」が出てきても説得力が全然ないし、ただ無茶やるだけでユーモアというのも乱暴な話だなと思うわけですが。

似たものリンク


【まずは素直に楽しむのが良いのでは】★★★★
小説を読んで「考えさせられる」ことは多いと思うが、この作品ではその考えさせるポイントが非常に「著者」に近いところにある。
「著者」⇒「作品」⇒「読者」というより「著者(作品)」⇒「読者」って感じ。
読んでいるときは、「作品(著者)」⇒「読者」の感じなんだけど。


【「ピカドン的工業戦力」を備えた作品】★★★★★
渋谷の街頭で手にした美容院のチラシに、「ピカドン的工業戦力」との文字を見た元スパイ訓練生、現映写技師オヌマ。都会の圧倒的な冷たさの中で起こる数々の事件に、スパイとしての冷静な判断と、悲しいまでに狂った愛情と正義感をにじませながら翻弄されていく彼が、最後に見たものは、自らの狂気という現実であった。

似たものリンク


【まずは素直に楽しむのが良いのでは】★★★★
小説を読んで「考えさせられる」ことは多いと思うが、この作品ではその考えさせるポイントが非常に「著者」に近いところにある。
「著者」⇒「作品」⇒「読者」というより「著者(作品)」⇒「読者」って感じ。
読んでいるときは、「作品(著者)」⇒「読者」の感じなんだけど。


【「ピカドン的工業戦力」を備えた作品】★★★★★
渋谷の街頭で手にした美容院のチラシに、「ピカドン的工業戦力」との文字を見た元スパイ訓練生、現映写技師オヌマ。都会の圧倒的な冷たさの中で起こる数々の事件に、スパイとしての冷静な判断と、悲しいまでに狂った愛情と正義感をにじませながら翻弄されていく彼が、最後に見たものは、自らの狂気という現実であった。

似たものリンク


似たものリンク


【映像化希望!】★★★★★
 表題作「無情の世界」を含む三作品が収録させている。お勧めなのは、「鏖(みなごろし)」である。大馬鹿者が超レアな腕時計を万引きする。しかも命がけで。先の読めない展開が飽きさせない。読んでいると頭の中で映像が動き出す。
 妄想万歳!アメリカ万歳!


【無情の世界】★★★
まさに 無情の世界 です。読みやすいです。この人の作品は、文章を読んで情景が浮かんでくるというのではなく、映像にしたらおもしろそうだなというか、映像になりやすいな、みたいな感覚です。やっぱり映画学校卒業してるからなんでしょうかね。

似たものリンク


【反時代的精神の作家】★★★★★
 「アメリカの夜」で阿部和重は、「延々と循環を繰り返す自意識」という古典的、「文学的」なテーマに敢えて取り組んでみせた。既製の「文学」を革新した現代小説として評価されがちな「アメリカの夜」だが、この作品は極めて真っ当な近代小説として評価されるべきではないか。

似たものリンク


似たものリンク

[1] 2 3


サイトマップ

パソコン本体・周辺機器 PCパーツ デジカメ オリジナルパソコンMac
DVD ソフトウェア 家電 時計・雑貨

パソコン本体・周辺機器

KVM(切替器)
Beeシリーズ
マイクロドライブ
インターネットラジオ
CRT
プリンター
レーザープリンター
ドット プリンター
スキャナー
フィルムスキャナ
プロッター
TA (ターミナルアダプター)
MP3
タブレット
プロジェクター
PDA
プリンター オプション
プロッター オプション
スキャナー その他
液晶モニター
スキャナー オプション
プロジェクターオプション
モニター 周辺 機器
プラズマディスプレイ
複合機
熱転写プリンター
昇華型プリンター
その他 プリンター
プリンタ メモリー
インクリボン
プロジェクター スクリーン
USB ハブ
外付けハードディスク
ハードディスク レコーダー
ルーター
無線LAN
LANカード
UPS
HUB
UPSオプション
無線LANオプション
プリントサーバー
サーバー
サーバー 周辺機器
ネットワーク その他
データ通信カード
ファイアーウォール
トランシーバ
ホームシアター
キーボード
ディスプレー ケーブル
その他入力デバイス
OAフィルター
コンパクトフラッシュ
パソコン サプライ その他
スマートメディア
メディア その他
LANケーブル
プリンター ケーブル
PCスピーカー
メモリースティック
CD-Rメディア
グルーミー
MOディスク
MMC (マルチメディアカード)
ロール紙
メディアケース
USBケーブル
マウスパッド リストレスト
フォトペーパー
プリンター用紙
ラベラー
ジョイスティック
SD カード
USBメモリー
DVD-RAM メディア
メディアクリーナー
ヘッドセット ・ PC用ヘッドフォン
IEEE1394ケーブル
モジュラーケーブル
OAタップ
xDピクチャーカード
テンキー
バーコードリーダー
マウス
トラックボール
インク
トナー
DVD-R・RW メディア
DVD R・RW メディア
光ケーブル
パソコン カバー
モニター カバー
プリンタ カバー
キーボード カバー
データ カートリッジ
デスクトップ
ノートパソコン
メーカー パソコン オプション
タブレットPC
デスクトップ (本体のみ)
ポケット PC
バッグ
エコピューター
出張設置サービス
OA機器
コピー機
OAラック
FAラック
オフィス家具 ・ 用品
デスク
椅子
ディスプレイスタンド
棚 ・ 引出
WEBカメラ
特集本
▲このページのTopへ戻る

ペ・ヨンジュン写真集「像 THE IMAGE VOL. ONE」 A. The Traveller/secrethysteric Documentary DVD 付き

韓国視聴率65.8%の作品 『初恋』

 パク ヨンハ

『 ソン・スンホン写真集「約束」 』 『 ソン・スンホン One 』

ウォンビン オフィシャル・プレミアムBOX

倖田來未はかまだみき チョン ジヒョン

鬼束ちひろ

『『 F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」 』 2004/12/20 中島美嘉 MIKA NAKASHIMA

ゆず,北川悠仁,岩沢厚治

氣志團,綾小路翔

新星”平原綾香”の2nd アルバム

『 tokyo incidents vol.1 』 東京事変 教育

青木玲

路上の天使―川嶋あい物語 』 大内 理加 リュ・シウォンの美味しい誘惑 柳時元 『 佐藤寛子 昭和ノスタルジー 』

『 LOVES&THANKS~波動する心音~GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN“THE FRUSTRATED” 』

HOT ZONE―菅原禄弥1st.写真集

初写真集「チェ・ジウ」(竹書房、2835円 『 キューティーハニー コレクターズ・エディション (初回限定生産) 』

『 JURI first―上野樹里写真集 』 木村 晴 安田美沙子 浅見れいな

栗山千明&成宮寛貴主演「ラスト・クォーター~下弦の月」

全索引⇒ アイドル DVD 相沢紗世 山田優 みさきゆう 女子十二楽坊 川原洋子 小林恵美 井川遥 眞鍋かをり 村田和美 矢吹春奈 川島令美 井上和香 熊田曜子 若槻千夏 滝沢乃南 小倉優子 安めぐみ インリン 曲山えり 矢部美穂 三津谷葉子 いとうあいこ さとう珠緒 市川由衣 長谷川京子 吉岡美穂 森下千里 小野真弓 佐藤寛子 宮地真緒 杏さゆり 松金洋子 小向美奈子 周防玲子 原史奈 佐藤江梨子 類家明日香 夏目理緒 村上恵梨 岩佐真悠子 島本里沙 山本早織 花井美里 叶美香 福田淳子 吉田亜咲 KAORI 石井あや 中山忍 根本はるみ ほしのあき 大城美和 平田裕香 大久保麻梨子 安田美沙子 田辺はるか 中島史恵 佐藤和沙 二宮歩美 かでなれおん 二宮優 富田麻帆 山田誉子 奥田佳菜子 真弓倫子 青木裕子 武田久美子 かとうれいこ 細川ふみえ 石川夕紀 新山千春 吹石一恵 葉川空美 久保恵子 黒川芽以 木内晶子 後藤麻衣 相沢なほこ 神楽坂恵 櫻井ゆうこ 斉藤ますみ 綾瀬はるか 藤白かなみ 江川有未 桐村萌絵 城山未帆 長澤奈央 和希沙也 優香 矢田亜希子 三浦理恵子 水野裕子 中越典子 白石美帆 石川亜沙美 松本さゆき  新名美波  島本里沙 情熱  飯作あゆり ジェリー・イェン 一色あずさ <音楽>…アヴリル・ラヴィーン / グリーン・デイ / globe / 浜崎あゆみ ┃   さだまさし / スガ シカオ / ダリル・ホール&ジョン・オーツ ┃     マツケンサンバスペシャルコンサート / 綾戸智絵 ┃     EGO-WRAPPIN’/ 及川光博 / 押尾コータロー / 河村隆一 ┃    ゴスペラーズ / 新国立劇場オペラ「マクベス」他 / 東京事変 ┃     松任谷由実 / ロードオブメジャー /  ┃  ┃ <演劇>…「SHAKESPEARE’S R&J」 / 四季「オペラ座の怪人」 ┃     ジンガロ 〈騎馬オペラ〉「Loungta―ルンタ」 ┃     宝塚バウホール花組公演「くらわんか」 ┃     マシュ-・ボーン「白鳥の湖」<追加公演> ┃    ラサール石井プロデュース「なかよし」/宝塚花組東京特別公演 矢井田瞳辞典

世界で一番ギャラの高い女優って、誰?
 アメリカの業界紙ハリウッド・レポーターが、毎年恒例の高額女優ランキングを発表した。第1位に輝いたのは、今年もジュリア・ロバーツだった。ジュリアのギャラは映画1本につき2000万ドル(約21億円)でキャメロン・ディアスと同額だが、キャメロンは今年出演作がなかったために2位となった。上位10人は下記の通り。また、キルステン・ダンスト(800万ドル)、リンゼイ・ローハン(750万ドル)、ジェシカ・アルバ(300万ドル)、マンディ・ムーア(300万ドル)、サラ・ミシェル・ゲラー(200万ドル)らが「今年ブレイクした5人のスター」に選ばれた。
1ジュリア・ロバーツ(2000万ドル)
2キャメロン・ディアス(2000万ドル)
3ニコール・キッドマン(1500万ドル)
4リース・ウィザースプーン(1500万ドル)
5ドリュー・バリモア(1500万ドル)
6ハル・ベリー(1400万ドル)
7サンドラ・ブロック(1200万~1500万ドル)
8アンジェリーナ・ジョリー(1200万~1500万ドル)
9レニー・ゼルウィガー(1200万ドル)
10ジェニファー・ロペス(1200万ドル)
キルステン・ダンスト2004/12/28 13:43 1月 2日 - 1月 8日
  • 『Mai Kuraki 5th Anniversary Edition Grow,Step by Step』 倉木麻衣
  • 『ガラスの靴 DVD-BOX Vol.3』
  • 『オー ! マイDJ』
  • 『限界 水谷ケイ』
  • 『帰ってきたGATVDVD』
  • 『ザ・ターンアラウンド・ツアー~ライブ・フロム・ザ・グローブ、ストックホルム』
  • 『りぜるまいん DVD-BOX(2)』
  • 『りぜるまいん DVD-BOX(1)』

    1月 9日 - 1月15日

    1月16日 - 1月22日

  • 『キング・アーサー ディレクターズ・カット版』
  • 『メリーポピンズ スペシャル・エディション』 ジュリー・アンドリュース
  • 『パク・ヨンハ カジマセヨ MV-DVD (初回限定版)』
  • 『シングルV 「 THE マンパワー!!! 」』
  • 『2004 Jリーグ セカンドステージチャンピオンへの軌跡!』
  • 『ありがとう FAN TAN さよなら FAN TAN』
  • 『劇場版 仮面ライダー剣(ブレイド)MISSING ACE』
  • 『月詠 ~MOON PHASE~ PHASE 1 (初回限定版)』
  • 『サムライチャンプルー 6』
  • 『魔法少女隊アルス(4)』

    1月23日 - 1月29日

    2月 1日

  • 『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション』 ピーター・ジャクソン
  • 『アイ ロボット 特別編』 ウィル・スミス
  • 『フレンズ IX ― ナイン・シーズン DVDコレクターズセット vol.1』
  • 『アイ ロボット 通常版』 ウィル・スミス
  • 『NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション』 鈴木雅之(監督)
  • 『コッチ DVD-BOX 2』
  • 『フレンズ VIII ― エイト・シーズン DVDセット vol.1』
  • 『BLEACH 死神代行編 1 (初回限定版)』
  • 『フレンズ VIII ― エイト・シーズン DVDセット vol.2』

    ニューリリース トップセラー(ウイークリー)

  • 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1』
  • 『下弦の月 ~ラスト・クォーター プラチナBOX』
  • 『ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット』 ピーター・ジャクソン
  • 『新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX』 香取慎吾
  • 『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 12』
  • 『ER 緊急救命室 IX ― ナイン・シーズン DVD コレクターズセット』
  • 『誰も知らない』
  • 『ひとり股旅スペシャル@広島市民球場』 奥田民生
  • 『流星雨 DVD-BOX』
  • 『頭文字[イニシャル]D Fourth Stage VOL.5』
  • 投稿者 Ultimate : 2005年01月20日 01:35

    コメント
    コメントする









    名前、アドレスを登録しますか?






    [41 items]
    [13 items]
    [6 items]
    [4 items]
    [9 items]
    [28 items]
    [1 items]
    [26 items]
    [4 items]